English/Japanese

有限会社熱解析創研  【何でも可変化】 数値計算用メッシュ構築 MaProMesh 解析精度について

 E-mail: info-x@netukaiseki.co.jp    TEL: 078-936-1132    使いこなす必要のないCAE・最高精度のCAE を実現させます

 

トップ

挨拶 会社紹介 免責事項

PD-Magic紹介

MaProMeshNEW

CanvaSStormフリーソフト

PF-MAGIC

 MaProMesh使い方ブログNEW

 論文発表

今後の予定

日報ソフト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡素なパラメータ入力にて精密計算を実施、 専用システムの構築を推進いたします。

 

 【1】 MaProMeshトップページ

 【2】 コンセプト/操作概要

【3】

  【4】 無償版利用方法

 【5】 OpenFoam

【6】 導入手順

 【7】 専用システム構築の勧め

  【8】メッシュと1次2次要素

  【9】メッシュ依存の正体

 

 

下例は、現実起こりえない条件での計算で注意です。 構造解析は

単品+拘束+荷重設定では 現実と乖離しがちです  (節点拘束など現実起こりません)

 

 

 

三角一次要素では細かいメッシュを用いても全く精度が出ません。    注意が必要です。

 

 

下図=六面体1次要素  ミーゼス最大値 2.175  所要計算時間 15.2SEC

 

下図=六面体1次要素(細かい) ミーゼス最大値 2.086  所要計算時間 222.0SEC

 

 

 

下図=六面体2次要素  ミーゼス最大値 2.029  所要計算時間 121.17SEC

 

上例六面体1次2次比較で、差異7%弱。

 

下図=三角柱1次要素  ミーゼス最大値 1.737  所要計算時間 24.15SEC

 

下図=三角柱1次要素(細かい)  ミーゼス最大値 1.896  所要計算時間 188.27SEC

 

下図=三角柱2次要素  ミーゼス最大値 2.030  所要計算時間 133.27SEC

 

下図=三角錐(四面体)1次要素  ミーゼス最大値 1.698

 

下図=三角錐(四面体)2次要素  ミーゼス最大値 2.184

一次要素と二次要素の差が大きい場合、二次でも次数不足と考えられます。

 

『テトラ2次要素は、値が若干大きく出る』 など言われますが メッシュ依存の原因 も参照願います

 

 

 

 【1】 MaProMeshトップページ

 【2】 コンセプト/操作概要

【3】

  【4】 無償版利用方法

 【5】 OpenFoam

【6】 導入手順

 【7】 専用システム構築の勧め

  【8】メッシュと1次2次要素

  【9】メッシュ依存の正体

 

 

 有限会社熱解析創研   CopyRight Netukaiseki Souken inc.  TEL: 078-936-1132