English/Japanese

有限会社熱解析創研    「 モデリングにおける堅実・確実性 」 を実現させます

 E-mail: info-x@小文字netukaiseki.co.jp      TEL: 078-936-1132

 

トップ

挨拶 会社紹介 免責事項

PD-Magic紹介

MaProMesh

CanvaSStormフリーソフト

PF-MAGIC

MaProMesh使い方ブログ

 論文発表等

今後の予定

日報ソフト

  

 

  

現況

 CAE=作業技術 それで良しとする風潮が、供給側にあります。   メーカーは、それを

 容認できません。 使いこなすCAEは使えないCAEの道.です。  多くの技術者は、

 ままならないソフトと、会社要求の板挟み状態。  打開技術を、当社は提供します。 

 

現況

その2

 「ゴミを入れればゴミが出る」 CAEを揶揄する諺です。  正しい理論・理屈を用いても

 モデル・入力が間違っていれば、結果はゴミです。 剛体や完全拘束は現実世界になく、

 教科書的に合っているが、設計視点で間違っている、ゴミ結果を生む罠があります。

 

現況

その3

 CAEにおける難関は偏微分です 差分法・FEM  どちらも  方向性を持った物理量の

 差分を写像変換で求め、偏微分を行います   (リンク先 メッシュ依存の理由) 

 当社は、そのための ベストメッシュを提供。 ベスト解析のみ実施・推進します。

 

現況

その4

 三角系統要素は並べる事ができません。 柱・軸・壁・溝など 設計の各種基本形を

 雑にしか形成できない罠が、既存CAEにあります。 またデータ再利用性も悪いです。

 

実現させる事

 メーカー技術者時代は毎日作業に終始 ⇒ ダメ技術者で終了  痛感した点は下記です

 『 CAEソフトは、対象品を高精度で分析する、設計ツール・枠組構築ツール たるべき 』

 カタログ上それは既存品でできます。 ですが理想には全く遠いです。

 

スクリプト

の すすめ

 層構造・埋込み・フィン・溝構造 スクリプトなら良好モデル構築可能。既存では困難です。

 モデル構築・変更・設定・計算  それら自動化を達成。 それを広可変で行えます。

 アセンブリ問題・大規模問題に 極めて強いです。 また、高精度です。

 

直接生成

 自動・高精度 そのためには 節点・要素を直接的に入力する、古典手法が向いています。

 

 

 

解決策

 誰もが簡素に、精度高い解析を実施できる パッケージ化されたCAE解析を提供します。

 個別分野における問題を、独自のカスタマイズ技術で克服し、実用を促進致します。

 自動処理を徹底させ、最適モデルによる解析を行います。

 入力事項は最少に、そして誰もがわかる明白値とします。

 モデル構築から結果処理まで直結。 速攻性あるシステムを構築します。

 入力ミスに対し、適切値への誘導など、エラー排除策・回避策 を実装します。

 使いながら、入力改善・適用範囲拡大など、作り込みを実施します。

 「扱うモノが、特注品ばかりで、自動化は困難」 と諦める必要はありません。

 設計上の法則性が必ず存在します。当社はそれをスクリプトで自動化させます。

 作図・緒設定に悪戦苦闘であったモノが、簡素な入力で組上がる事を体験しております。

 

 

 

会 社

概 要

 設立

 2002年 5月

 資本金

 300万円

 口座銀行

 三井住友銀行   ( 他行も含め 金融機関からの借入はありません )

 取締役

 石井順造

 所在地

 兵庫県明石市大久保町駅前2-2-4-603

 

 

 

 

有限会社熱解析創研