有限会社熱解析創研  数値解析用適合格子作成 モデリングにおける、安定・堅実を追求します

 E-mail: info-x@(小文字)netukaiseki.co.jp    TEL: 078-936-1132    フレームワークで堅実な定量評価CAEを構築

 

トップ

挨拶 会社紹介 免責事項

PD-Magic紹介

MaProMesh

CanvaSStormフリーソフト

PF-MAGIC

MaProMesh使い方ブログ

 論文発表

今後の予定

日報ソフト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本可変化を実現するMaProMesh モデラーでありCAEフレームワーク    自動実行のCAE構築ツールです

 

 【1】 MaProMeshトップページ

 【2】 コンセプト/操作概要

【3】

  【4】 無償版利用方法

 【5】 OpenFoam

【6】 導入手順

 【7】 専用システム構築の勧め

  【8】メッシュと1次2次要素

  【9】メッシュ依存の正体

 

 

  

使いこなすCAEは使えないCAEの道   良好なCAEには、モデリングにおける安定化が不可欠  現CAEは甚だ不安定

手作業では、信頼度・精度・速度・解析コスト 全て低水準に終始してしまいます。

定量評価に遠い個人依存性が強い作業技術  それが設計者・経営者のCAEに対する評価です。

人手に頼るCAEの実態。  そして高度専門作業だが、雑務作業とみられがちなのがCAE技術です。

 

評価を高めるため、CAE生産性を上げるため、 上級CAE技術者はCAE自動化を推進すべきです

 使えないCAEは見限りをつけられます。 経済情勢が流れに拍車をかけます

獲得すべき技術=作業技術でなく、  高可変・牽牛・高操作性・エラー排除  これら実装のCAE自動化術です。 

 

 

 

 

 

 

MaProMeshはCAEツール提供者と、CAE実践者を分けるコンセプト。 設計者本意です。

 

カスタマイズで

自動化実現

 レイヤーはありません 節点・要素 そのものがレイヤーです、

 材料区分・属性区分・条件設定・要素節点セット設定が、形状変化に追従します

 電卓同様の

 ツールに

 解析実施者は専門知識を必要としません。

 結果分析に重点を置き、ノウハウ蓄積を効率よく達成できます。

専用語 

専用命令

 Basic Python C どの言語も、CAEのモデル構築には微力 

 重要なのは モデルを作る 卓越した専用命令 MaProMeshは揃っています

領域別に

四角や扇単位

で作成

 四角っぽい領域

 節点・節点コピーで作成 (輪も作成可)

 節点増分値は、コピー元最大節点 - 最小節点値 +1

 扇や円や半円や三角

 Rカバーで作成

 シェル⇒ソリッド

 ソリッドは、シェル要素から作成します

 最後は、節点マージ、

 境界で、節点座標が一致するように、作成し、

 最後は、同一座標上の重複節点を消去

 

 

 

 

作業概要紹介 : スクリプト起動ボタン  値設定・仮作成・形状作成 など

 

 

節点・要素選択 表示パネルの説明  必要部のみ抽出します

 

 節点・要素・要素面 FEM基本確認機能が充実しています。 結果処理やスクリプト作成を支援します。

 

 

 

 

 

 

HELP/例題より 簡単なスクリプト例を実施できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

スクリプト開発環境の紹介   (解析者はスクリプトを意識する必要ありません)

 

 

 

可変化を実現する FEMモデラー  MaProMeshのコンセプト/概要紹介 です

 

 

 

 

 【1】 MaProMeshトップページ

 【2】 コンセプト/操作概要

【3】

  【4】 無償版利用方法

 【5】 OpenFoam

【6】 導入手順

 【7】 専用システム構築の勧め

  【8】メッシュと1次2次要素

  【9】メッシュ依存の正体

 

 

  

 

 有限会社熱解析創研   CopyRight Netukaiseki Souken inc.  TEL: 078-936-1132